GT-Cグラステックコート ボディガラスコーティング

重厚感のある光沢をお求めのお客様やブラックボディなどの濃色車に最適! グラスティックコート

誰もが振り返るその輝きの美しさ。抜群の透過性で至高の輝きを実現。濃色車も重量感かつ深みの光沢に。GTCグラステックコート

親水がお好みの方はグラスティックコート

グラスティックコートは国内最高水準を誇る、高濃度ガラスコーティングで、特許も取得しており化学的に証明された製品です。
塗膜形成はSio2ガラスのコーティングのため親水性という性質を持ち、ガラス板に水を垂らせば、水が綺麗に流れる状態と同じで、汚れを包み込んで流し落とします。そのため排気ガスなどに含まれる油性の汚れはほとんど付かず、仮に汚れが付いたとしても、水洗い程度で簡単に落とすことが出来ます。
結果的にWAX掛けなどの面倒なメンテナンスは不要となります。また、環境を考慮した製品でトルエンやキシレンなどは一切使用しません。


■GT-Cグラステックコートの性能


[ ガラス質でもガラス系でもない。正真正銘のガラスコーティング]
国内最高水準を誇る、高濃度ガラスコーティング。 こだわり続けた素材は、更なる進化を遂げました。 本来のガラス膜のもつ性能をフルに発揮し、今までに無い輝きを表現できる素材です。 早稲田大学理工総合研究センター 森実敏倫 理学博士特許 [特許:金属酸化物ガラスの膜および球体微粒子の製造方法] を有しており、 化学的に証明されている製品で、他社と一線を画しております。

・光沢の復活 ・酸性雨・紫外線・塩害から守る

・至高の輝き ・ホイール・バンパー・テールランプ施工可能

・10年以上耐候性 ・優れた防汚効果  ・ワックス一切不要


[ 素材だけでは『至高の輝き』は表現できない。 ]

カーコーティングにおいて、その仕上がりを決定するのは、素材のよさだけがすべてではありません。 マイスター※の技をいかんなく発揮する『下地処理』こそが重要だと考えます。 グラステックコートにおいては、完全ガラス被膜ゆえの深みある透明性が、 高度な下地処理技術より強調され、至高の輝きに到達するわけです。 この下地処理の技術においては、GT-Cのマイスター達は、豊富な施工実績と卓越した下地処理技術、 そしてなによりもマイスター自身のカーコーティングに対するこだわりこそが、至高の領域に到達できると考えます。


[ 酸化や劣化することのない、耐久性に優れた驚異的な性能を発揮 ]

グラステックコート(GT-C)は空気中の水分と酸素が常温で反応し高純度のガラス膜を形成します。 ガラス被膜は完全無機質で、石英ガラスに相当する硬度をもち、劣化したり剥がれ落ちたりしません。 酸性雨などにより塗装面をいためず、長期間にわたり輝きを持続させます。


[ 誰もが振り返るその輝きの美しさに、もう戸惑いはない ]

抜群の透過性があるため、ベールでやさしく包み込むような「至高の輝き」を実現することができます。 また、比較的施工の困難とされムラになりやすい黒色などの濃色車も重量感かつ深みのある光沢を生み出します。


[ 驚異的な防汚効果は、完全無機質だから発揮されるのです。 ]

完全無機質のガラス膜は超硬質で、親水性の高い性能をもっています。汚れもつきにくく、 都市型の汚れや虫の死骸、鳥フン等を水洗いで簡単・綺麗に落とすことが可能です。

 

■鏡面加工が必要の場合、お車の状態やサイズにより、料金が細分化されているため、  下記の施工価格表を ご覧くださいませ。(PDFファイルが開きます。)



このページのトップへ




Copyright (C) 2014 Cleantech Service All Rights Reserved.