ボディガラスコーティングハイモースコートの説明

撥水力をお求めのお客様やホワイトボディなどの淡色車に最適! ジーゾックス

最高のクオリティとパフォーマンス。“未体験の撥水力と透きとおる輝き”車本来の美しさをあなたに。

ジーゾックス

カーケミカル分野において50年以上製品開発をしてきたソフト99が、高い技術でプロの厳しい要求を忠実に再現した「G'ZOX リアルガラスコート」。
最大の特長は、ガラス系被膜コーティングでありながら強力な撥水性能を併せ持つ点です。また、樹脂系のコーティング剤とは違い、高温にも強く汚れが被膜内に入り込むことはありません。
油性の汚れは寄せ付けにくく、汚れも水洗い程度で落とせます。紫外線や酸性雨などの耐候性にも優れ、長期間にわたりガラス状被膜ならではの煌めくような美しい輝きを持続させ、メンテナンスを大幅に軽減させます。

 

■今までのコーティング剤にない撥水性能

「撥水性」とは水をはじく性質のこと。コーティング剤の性能は大きく「親水性」「撥水性」に分類されます。リアルガラスコートは、長年の研究と独自の技術により、基本的には親水性であるガラス系皮膜に高レベルの撥水性を実現した新しいボディ用コーティング剤です。
他のガラス系コーティング剤では味わえない爽快な水はじきは、雨の日のドライブさえも楽しみにさせてくれます。

 

■息をのむ深い艶

リアルガラスコートの深い艶には2つの理由があります。1つはプロによる丁寧な下地作り。もう1つはリアルガラスコートの特徴である反応型ガラス系皮膜。リアルガラスコートの正体である反応型ガラス系皮膜は、厚く、硬く透明な皮膜を形成します。この透明な皮膜のおかげで、樹脂系コーティング剤ではなしえない、ボディの内側から輝きだすような、深い艶が得られるのです。

 

■普段の手入れは水洗いだけ!

リアルガラスコートの反応型皮膜は湿度変化に強く、高温になっても軟化しません。従来のコーティング剤は高温になったときに被膜が軟らかくなり、汚れが被膜の中に入り込み、洗車では汚れが落ちにくくなります。これが雨染みの大きな原因です。リアルガラスコートは高温になても被膜は硬いままなので、汚れ固着しにくく、水洗いだけで汚れが簡単に落ちるのです。

--ガラス系皮膜--

--樹脂系皮膜--


■強固な被膜でボディをガード

厚く硬いガラス系被膜は
●紫外線・酸性雨など環境の悪影響
●排気ガスに含まれる有害成分
●チリ・ホコリなどによるキズ

などからボディを守ります。

 

■鏡面加工が必要の場合、お車の状態やサイズにより、料金が細分化されているため、  下記の施工価格表を ご覧くださいませ。(PDFファイルが開きます。)

 

このページのトップへ

 


Copyright (C) 2014 Cleantech Service All Rights Reserved.