[ こだわりの技術 ]豊富な実績と確かな技術から導かれる“こだわり”という名の“誇り”

長年の実績により養われた“目”と“感覚”をもとに、お車1台1台それぞれに適したサービスを、熟練されたプロの技術で実施しております。
そこには洗車ひとつとっても、クリンテックサービスならではの“こだわり”があり、その“こだわり”が今日のクリンテックサービスを支えていると自負しております。

大切な愛車を美しく輝かせる“こだわり”の数々を、あなたも実感してみてください。

塗装面を見極める“目”

研磨師として要求される技術として最も大切なこと…それは傷や汚れ等を見極めることのできる“目”だと思っております。

「塗装面のタイプを読み取る」「汚れを見つける」「鏡のように仕上げる」これらはすべて技術者の目にかかっているのです。

クリンテックサービスには妥協のない“目”を持ったスタッフが在籍しております。

いかなる最新機材にも勝る“手”

どんなに優れた最新機材や道具を使っても、それを操る職人の感覚が劣っていては良い仕事はできません。

塗装面を触ったときに指先が感じる凸凹感や、汚れの硬さや厚さなど、クリンテックサービスのスタッフはその手に伝わるさまざまな情報をもとに最適な機材を選び、最適な力加減で最高な状態を作り上げる“手”を育てております。

人間の繊細な感覚は何よりも勝るものです。


洗練された“匠の研磨”

1989年創業以来、培われてきた磨きの経験。
それより導きだされた技術とノウハウを基に、数あるポリッシャー(研磨機材)、バフ、コンパウンド(研磨剤)を組み合わせ、お客様のお車の塗装の状態に最適な研磨方法を選び抜きます。

汚れや傷等を入念に取り除く下地処理の作業が、後のコーティングに大きく影響し、お客様の愛車本来の艶や輝きを出すことができるのです。
進化し続ける車の塗装に対応すべく、日々研究を重ねております。

ボディをいたわる“洗車法”

セーム皮を充分の水に浸し、水を流すようにボディ表面を滑らせて洗います。
ゴシゴシと擦る洗車とは大きく異なり、ボディ塗装面を傷める原因となる摩擦はほとんどありません。この段階でほとんどの汚れは落とせますが、その後、磨きキズをつけないプロのテクニックで汚れを洗い流します。

また拭き取り作業も同じ要領で、ボディに残った水滴を、絞ったセーム皮にしみ込ませる感覚で拭きあげ、愛車に輝きを取り戻させます。

こだわり抜かれた“機材と環境”

お客様の愛車を最高の状態に仕上げるためには設備・環境にもこだわる必要があります。

クリンテックサービスでは水銀灯など数種類の光源を用い、あらゆる角度から検証し、細かな傷も見落とさない作業環境を作り出しております。
また洗車においては高圧洗浄機を使用し、ルームクリーニングには約130℃に達する高温スチーマーや専用バキューム等、数種類の機材を完備しております。


Copyright (C) 2014 Cleantech Service All Rights Reserved.